ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUMIX DMC-L1

デジタル一眼がちょっと欲しくなってきたのですがコンパクトカメラをこうしようか検討中です。LUMIX DMC-L1のレビューがありますのでリンク先を参照ください。

松下電器「LUMIX DMC-L1」発表会写真レポート 参照

LINK
LUMIX DMC-L1
スポンサーサイト

デジカメ各社新機種登場

オリンパスE-330
ペンタックス*ist DL2
オリンパスμ710
ニコンCOOLPIX S5
パナソニックDMC-FZ7
パナソニックDMC-LZ5
富士フイルムFinePix V10

など新機種が公開。リンク先にメーカーのプレスリリースがあるので詳細スペックはそちらへ。

・パナソニック「DMC-FZ7」など13製品が登場 参照
現状のデジタルビデオカメラと最安値

ixy digitalがついに手ぶれ補正機能付きに

新型ixyですが高倍率、高レスポンス、高感度化などさらなる改良が施されているようです。注目は16:9で撮影するワイド撮影機能、解像度は2,816×1,584。
・キヤノン、シリーズ初の手ブレ補正モデル「IXY DIGITAL 800 IS」参照
・キヤノン、ISO800撮影対応の「IXY DIGITAL 80/70」参照
・キヤノン、4倍ズームやISO800対応のPowerShot Aシリーズ参照
・キヤノン、光学6倍ズームレンズ搭載機「PowerShot A700」 参照
・キヤノン、6年ぶりにコンパクト機の発表会を開催 参照
現状のデジタルビデオカメラと最安値

IXY DIGITAL 80/70 /PowerShot A540/A530

迫力のパノラマ撮影を自動生成するKodak V570

2眼レンズが特に注目されてるV570。このカメラを購入してまず試して見たい機能は2眼レンズを生かしたもの以外にも、このパノラマモード。従来では撮影後、PCで合成していたものがこのモデルではカメラが単体でパノラマ合成してくれます。何気ない風景もパノラマサイズになると印象と迫力が全然変わってきます。レビューがリンクにありますので画質などの参考に。

コダック EasyShare V570
カメラ本体だけでできるパノラマ 参照

デュアルレンズ V570

オリンパス μ810の実写レビュー

このデジカメの魅力といえば、至上初めてとなった撮影した画像の手ブレをカメラが撮影後に補正を加えることにより綺麗な撮影映像を保存できるというところ。高画質となりズームしたら意外とブレている写真をとってしまうという人にとっては次に購入するのはベストな製品になりそうですね。

【実写速報】オリンパス μ810 参照
OLYMPUS μ810

DSC-W70、DSC-W100、DSC-H2、DSC-H5の計5機種が発表

Wシリーズの後継機であるW70、W100は高感度撮影(ISO1000)がポイント。さらに従来機よりコンパクト化を図っているみたい。Hシリーズの後継機であるH2、H5は光学12倍ズームと手ブレ補正を搭載したモデルでこちらもスマートなデザインになってます。最近は高画素化の動きが減り高感度モデルや光学ズームや手ぶれ補正、ワイヤレス化した製品が多くなってきましたね。

「DSC-W70」、「DSC-W100」、「DSC-H2」、「DSC-H5」
【PMA 2006】米Sony、サイバーショット新製品を発表 参照
現状のデジタルビデオカメラと最安値

DMC-L1はオリンパス共同+ライカレンズ搭載

一眼デジタルカメラ市場にパナソニックがベースをオリンパスのE-330と共用したDMC-L1を投入。レンズはもちろんライカ社製。
DMC-LC1をベースにしているデザインのDMC-L1で一眼レフ市場をさらにシェア展開していきそうですね。

LINK
【PMA2006】松下電器、フォーサーズ対応
デジタル一眼レフ「DMC-L1」発表 参照
一眼デジタルカメラ市場

パノラマが簡単に作成できるコダック V570/フォトコンテンスト

コダック V570公式/スペック・価格
パノラマがパソコンを使わずにデジカメ内で勝手に処理してくれるデジカメは少ないが、このKodak V570 は全部オート処理で行ってくれるようだ。パノラマ機能付きのデジカメを持っているけど、PCのソフトであとでパノラマ合成するのは以外と手間がかかるので億劫になってしまうけど、デジカメが勝手にやってくれるのならまた違った楽しみ方ができそう。
このKodak V570 フォトコンを開催する模様。商品がなかなか豪華なのでユーザーは狙ってみるのもいいかも。

ソニーがDSC-W30を発売

DSC-W5の後継機であるDSC-W30を発売。高感度ISO1000対応。そしてノイズリダクション搭載。
プレスリリース DSC-W30実勢価格

エントリーモデルLUMIX DMC-LS2発売

エントリーモデル的なデジタルカメラですが、スペックとしては十分な感じがします。

このLUMIX DMC-LS2はDMC-LS1の後継機種。

光学3倍&手ブレ補正はもちろん前の機種と同様で、単三電池駆動が可能。サンヨー電機のエネループで撮影時間も十分そう。

500万画素という高解像度。そしてアスペクト比16:9の撮影もできるようでかなり良さそう。あとはデザインが気に入るかどうかでしょう。

松下、低価格手ブレ補正コンパクト「LUMIX DMC-LS2」参照 DMC-LS2実勢価格
デジタルカメラ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。