ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動電源オン機能付きUSBタイプの外付けハードディスクを購入

ハードディスクが一杯になってきたので新たにハードディスクを購入しました。
VFTS0251.jpg


最初は内蔵タイプにしようか外付けタイプにしようか迷いました。どちらもメリットとデメリットがあるので購入前に自分の使う用途を考えなければなりません。

ハードディスクの選び方
内蔵タイプ
内蔵タイプのハードディスクのメリットとしては、PC本体に内蔵できるので設置場所に困らない、電源をPC内から取れるので余分なコンセントが必要ない。配線が外にでないためコードだらけにならない。
内蔵タイプのため、外枠がないため値段が外付けタイプにくらべ低価格であるということがいえると思います。その反面、取り付けるにはPCを開ける必要があるので手間と時間がかかる。取り付けの際にはジャンパピンの設定など注意しないとハードディスクを認識しない。などが挙げられると思います。

外付けタイプ
外付けタイプのハードディスクのメリットとしては、接続の容易さにあると思います。USBケーブルをPCに繋いで、コンセントにケーブルを差し込めば自動的にハードディスクは認識され、簡単に使用可能な状態になります。使用した感覚的には、USBメモリーの大容量版といった感じの手軽さです。

また外付けなので別のPCにデータを渡すときにも便利。あとはPCを再インストールするときに一時的にデータを保存するストレージとして利用するのが手軽ということが挙げられるのではないでしょうか。

しかしこちらにもデメリットはあります。内蔵の長所が外付けの短所という感じですが、外カバーを装着しているので値段が割高になってしまう。また、スペースをPCと別に必要ということが短所になると思います。

ハードディスクを購入
内蔵タイプのハードディスクは何度か購入したことがあったのですが、外付けタイプは雑誌や噂には聞くものの触ったことがなかったので電気屋さんや雑誌などで下調べをしました。
今回は別のPCにデータを移したい、一時的なデータバックアップ用と考えていたので外付けタイプのハードディスクを購入しました。

私が購入したハードディスクは比較的シンプルなデザインのbuffalo製のHD-H300U2という製品です。

外付けといって場所がとるACアダプタが外に出ているタイプじゃなく、外付けハードディスクに内蔵してケーブルがすっきりに見える電源内蔵タイプを選びました。容量は300GBと大容量で、HDの回転数は7200rpmの高速タイプ(データの読み書きが数字が大きいほど早い)、そして手軽なUSB1.1、 USB2.0対応タイプ。念のためにOSはウィンドウズとマッキントッシュの両方に対応しています。あと便利な機能としてはPC本体の電源をいれたときに自動的にPCの電源が入る機能です。以外と重宝します。



こちらがハードディスクの背面ですが、電源オートスイッチ、USB端子(PCに繋ぐ)、電源端子(コンセントに繋ぐ)といたってシンプルなので説明書も不要なくらいでした。
s-VFTS0246.jpg


外付けハードディスクを使う準備
1 線を繋ぐ
2 PCの画面にインストールしますか?みたいなことがあるので自動的にインストールを選択します
s-VFTS0250.jpg

3 認識されればこの下のようなHD-HU2と表示されます。
s-Cut2006_0929_0221_19.jpg


それだけで完了です。これぐらい簡単に容量の大きなハードディスクを追加することができます。これでギガショットの動画やデジカメでとった写真、ハードディスクレコーダRD-H1、RD-H2からPCに吸い出したデータ(以前のレビュー)のバックアップができそうです。

LINK
ハードディスク HD-H300U2
スポンサーサイト

MONO-PORTAL(モノポータル)が遂にオープン

これまでプレオープンだったmono-portalでしたが、とうとう正式に開設されたようです。mono-portalとは何っていう方もいるというので簡単にサイトの説明をすると、製品レビューをしているサイトのトラックバックを集約しているサイトです。

1種類のカテゴリーだけではないので、多様な商品の使ってみた感想をリアルに知ることができます。ショップで何か店員と話して購入する前にmono-portalを参考にしてみると、購入前により多くの情報が入ってよいと思います。

もちろん個人のレビューアの意見なので意見は参考にして、その意見は自分で判断する必要があります。私のブログでもそうですが、すべての商品を詳細に扱ったことがないのでどうしてもしらずしらずのうちに偏った情報を流しているかもしれません。mono-portalで複数の個人レビューアの意見を参考にすることで、より多くの生の声の商品比較が可能となると思うので、購入前の比較検討の際にはお勧めです。

オープンを記念してトラックバックキャンペーンを9/30までやっているようです。詳細はmono-portalを参考にして頂きたいのですが、総計29名様に人気商品が当たるので気軽にチャレンジしましょう。

LINK
MONO-PORTAL

ロケフリ用のモニタ-が10万円代に突入

ロケフリって一体どれだけ販売されているのか不明ですが、まだ販売されているってことは少しは需要があるってことでしょうか。価格は下がってきたようですが、まだ手がでません。
ソニー、ロケーションフリー用の12.1型液晶モニタ
-実売10万円前後。お風呂場用ジャケットも 参照

Windows Vistaを試しました!?

ウインドウズ vistaのRC1が公開され私も早速ダウンロードしました。まだインストールしていないのですが、時間ができたら早く試してみたいです。

マイクロソフト、「Vista」製品候補版のテスター増員を呼びかけ 参照

マイクロソフトは導入してバグなど発展して欲しいと訴えていますが、導入には少し待ったをかける人もいるようです。

「Window Vistaは怖い」--シスコ幹部が発言 参照

Windows Vista RC1が一般公開 参照

音楽の次は映画配信アップルのiTV

音楽配信がすっかり定着しましたが、映像配信iTV)も開始したようです。各国のネットワークの環境によって影響が受けそうなだけにどのくらい普及していくのが楽しみですね。

アップルのiTV登場に思うこと 参照

アップルがウィンユーザーにもソフトウェア・アップデート対応

マックだけでなくウィンドウズユーザーにも対応してくれたのはありがたいですね。、iTunes 7のインストールのときにもオプションで選択可能となっており、勝手にわけのわからないままインストールされないのも親切でよいですね。

アップル、Windowsにも「ソフトウェア・アップデート」機能を提供開始 

YouTubeで一部の音楽が無料の方向へ

最初は何でもありの感じがあったYouTubeですが、だいぶ話が詰められてきているようです。どうしても悪いイメージが音楽や映像にはつきまとうので、ちゃんとした整備はこれからの健全なサービスのためにもどんどん進めていって欲しいですね。

あのYouTubeがついに?!--ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ 参照

kabu.comの夜間市場を開始

年末まで、約定代金1000万円まで手数料を378円とするキャンペーンを行っているようです。ちょっと興味あるのでウォッチを続けていこうと思います。

kabu.comの夜間市場がスタート 参照

Firefox 1.5.0.7がリリース

FirefoxとThunderbirdがアップデート、複数の脆弱性を修正 参照

拳銃の使い方や性能まで見れる時代に

全然詳しくないのでライフルの名前やマシンガンの名前がわからないのですが、下のようなものも解説されているらしいです。なんでも動画で見れる時代になってきましたね。

Ruger P-90DC 45ACP
Dan & Wesson 44Magnum
Aavage Double Shot 12Gauge

個人的には手品、マジック、イリュージョンのやり方を動画で配信して欲しいです。ありえないですけど。。。壁通り抜けとか凄くタネアカシをした動画がみたいです。見ないほうがいいとは思うのですが、やっぱり見たいと思うのが人間^^

GyaO、ライフルやマシンガンの性能や使用法を動画で解説する「THE GUN」参照

携帯でも移植、続編ゲームラッシュ

個人的には好きなゲームソフトが多いのですが、目新しさという点ではちょっとという感じに。ゲーム業界が通ってきた道を携帯でも通るということでしょうか。いつかはタッチ式の液晶ディスプレー対応の携帯電話とかでてきたりするのでしょうか。

セガ ソニック・ザ・ヘッジホッグ
バンダイナムコゲームス 鉄拳2 機動戦士ガンダムSEED~鳴動の宇宙~
カプコン ストリートファイターZERO バイオハザード
コナミ モバイル・パワフルプロ野球MEGA(仮)ウイニングイレブン
スクウェア・エニックス DIRGE of CERBERUS -FFVII-

903iシリーズの「メガゲーム」、注目タイトル発表 参照

ボダフォンはソフトバンクの影響で何が変わった?

特に注目されているのがアクオスワイド液晶を搭載した905SH。ipod とセットしたモデルもありますし、相当な力の入れようです。さらにゲームもワイド対応のナムコのリッジレーサーをはじめ、ハドソンの高橋名人の冒険島など往年のユーザーには知れているソフトや、ライトユーザにアピールする太鼓の達人 もばいるも発表されています。このソフトすべてWiiでも発売してほしいですね。

【東京ゲームショウ2006】
「ソフトバンク」をアピールするボーダフォン 参照

ひぐらしのなく頃に が携帯で販売

結構携帯ソフトもいろんなメーカーから出し惜しみなく発売されてきたような感じがします。家庭用のソフトとの差別化はどうなっていくのでしょうか。

ドワンゴとチュンソフト、903i向けに「ひぐらしのなく頃に」など 参照

PS3 アーマードコアで試されるのは絵よりも演算!?

PS3といえば映像もさることながら演算力。これを上手く使いこなせばそれに見合っただけの値段だと感じるのですが。。。絵が綺麗になるよりも面白いを追求してほしいですね。フロムソフトウェアは技術的に定評があるのでそこらへんを詰めて発売してくれればおもしろいことになりそう。価格は5万以下になって少しはニンテンドーWiiを意識したようです。

PS3で生まれ変わるハイスピードメカアクション
フロム・ソフトウェア、「ARMORED CORE 4」 参照

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。