ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルビデオカメラって何?って方へのメディアごとの長所と短所の解説

デジタルビデオカメラって何?って方へのメディアごとのメリットとデメリットの解説しようかなと。東芝の秋の新製品が何が魅力かと言う前にやはりこれまでの経緯の説明が必要かなと。
ビデオフォーマット10年周期説っていうのがあります。下のような流れで動画フォーマットは動いてます。カセット、CD、MD、シリコンオーディオといった音楽メディアの変遷を思い出していただければわかりやすいかなと。

ビデオフォーマットの歴史
Hi8やVHS-Cなどのアナログテープ

その10年後
現在主流のminiDV

そしてこれから
DVDやHDD

どれが一番コストパフォーマンスがいいか!?
現在DVDのシェアは3割。各メディアには短所・長所があるので自分にあったものを選ぶのがベストですね。
自由度の高さはいま急激に普及しているHDDが一番です。

・miniDV
画質に定評があるがテープメディアのため頭だしが遅く、テープゆえにテーブが破損といった劣化は防げない。

・DVDの欠点は記録時間が数4、50分と短いこと。撮影の途中にDVDを切り替えたり、半端になったDVDに追記していったりと撮影する時間を考えながらしなければいけないところがつらいです。そしてメディアの価格がまだ1000円程度と高い。カメラの起動に時間がかかることなどなど。

・HDDの欠点は価格が高いということ。東芝のギガショットがでる前までは10万超える製品が多く簡単には購入に踏み切れないというコスト的な要因でシェアを伸ばすことができなかった。しかしPCにUSBを媒介として簡単に取り込めることが魅力。長時間撮影も魅力。価格的な問題は東芝のギガショットで解消されておりHDDの欠点である価格については企業努力次第です。

そんなHDDの値段的なデメリットを解消したものが東芝のHDDムービーカメラ HDDムービーカメラ gigashot V10(MEHV10:パールホワイト)


追記
ニューモデルと再販情報

gigashot V10、R30、R60詳細
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://art88.blog21.fc2.com/tb.php/135-eff00e77

コメント

こんばんわ
まるで、私のために解説してくださったようです。
ありがとうございます♪

artさんのblogを読んでいたら、いかに家電オンチは
よくわかりましたよ。
ためになっています。。。
こんにちわ
最初にこれを書くべきでした^^
東芝の新作があまりにもインパクトつよすぎて
そちらに集中してしまいましたけど、やはり既存の
ビデオカメラからとの違いを先に紹介したほうが
わかりやすいですよね^^
なるべく簡単にこれからも紹介していきまっす(^^)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。