ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドーDS (Lite)がwebと地デジに対応

ニンテンドーDS lite用のWEBブラウザやDS地上波デジタル放送用受信カード(ワンセグ対応)を発表しました。

今後も手をゆるめずに普及に努めたいと発表してます。とことんポータブル機でシェアを一層高める模様。今の状態でも凄いのにさらに油断せずに攻めの姿勢なのが好感。

漢字そのままDS楽引辞典が発表され広い層に支持されそうな感じ。特に注目なのが、外国サイトで動画も掲載されているWi-Fiコネクション対応のテトリスDS。xbox360のテトリスと違い、新規性があるシステムで見てるだけでもその楽しさは十分伝わってきます。音楽も従来のドンキーコングやマリオなどをフィーチャーしたものでファミコンからのユーザーも新鮮な気持ちでテトリスができそう。

DS Liteを予約しようか。。PSPももってるしどうしよう。



DS lite の発売まであと少しとなってきましたが、ニンテンドウーDS売れ筋をみると発売日に聖剣伝説DS CHILDREN of MANA、右脳の達人 爽解!まちがいミュージアム がラインナップされており、リニューアルハード投入の地盤は用意されてます。この両ソフトで新規層と従来層を取り込むと本体はまた供給不足になって予約受付待ちになりそう。

それにしてもこんな早い時期にワンセグに対応するとは。PSPの次の一手が待ち遠しいです。

DSのWebブラウザはオペラのようでこれに標準装備のタッチペン、そして文字入力はATOK搭載といたれりつくせりな内容。ゲーム専用のDS、ゲーム以外も視野にいれたPSPだったはずなのにこの展開は。。。ゲーム以外の市場を実は一気に攻める土台を作ってたのは任天堂だったとは。ウィルコムとかPDAとかまでは多様な用途に使えないにしても、初心者ならNDSでナチュラルに肩肘はらずともゲーム以外のいろんな世界を楽しめそう。恐るべき初心者歓迎の任天堂路線。

任天堂、「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」開催
WEBブラウザや「DS地上波デジタル放送 受信カード (仮称)」も発表 (速報版) 参照
ニンテンドウーDS売れ筋

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://art88.blog21.fc2.com/tb.php/292-2a81bfa6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。