ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NDSに注力だけでなくGBAにも注力する任天堂

NDSの勢いは夏休みがはじまりさらに加速しているようです。ピンクブラックといろのバリエーションも豊富になってかつてのアイポッド ミニ、いやDS初代のカラーがある程度そろってきた感じがします。

現在もロングヒットとなっている脳トレシリーズやニュー・スーパーマリオ、そして動物の森といった強烈な任天堂のNDSラインナップ。これを見ると任天堂がGBAよりもNDSにシフトしてきてる感じがしますが、GBAもビットジェネレーションシリーズやリズム天国などが発売されGBAにも注力していることが分かると思います。

個人的にシンプルなゲームが好きなのでビッジェネ関係やゲーム天国が気になります。リズム天国を購入する予定なので買ったらまたレビューする予定です。

それにしても任天堂のソフトのラインナップ数をみるとかなり任天堂がスーファミ時代よりもソフト開発力が質的な面だけでなく量的な面も強大になっていることが分かる気がします。かつて64、ゲームキューブ時代にサードパーティーから良質ゲームがあまり発売されず自社開発の充実を図った結果が今あらわれてそうですね。

LINK
ニンテンドーDS Lite
ビット ジェネレーション
通常版 リズム天国
「リズム天国 + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック
もぎたてチンクルのばら色ハッピーランド
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://art88.blog21.fc2.com/tb.php/449-07bf4c1b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。