ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝HDDレコーダ・RD-H1レビュー(2)感想編

東芝HDDビデオレコーダーRD-H1を早速レポート。(ビデオユーザがはじめてHDDレコーダーを手にしたという視点になっています)

番組取得が簡単
・ADAMS(番組情報を取得する)
アダムスが便利です。ご存知のようにアナログ線から番組情報をテレビ朝日から持ってくるものなんです。これまでジェムスター?のGコード使ってたんですけど、こちらは番組名も一発で分かってよさそうです。
ビデオのGコードの場合だと番号入力ミスとかありませんでした?それから解放されるんです。番組一覧が表示⇒クリック⇒決定
分かってはいたのですが実際に触るとこんなに楽になるものなんだなぁと感動しました。

・アダムス以外にもインターネット(LAN無線・有線)やCATVを使って番組放送も取得できます。
私はクロスケーブルの長さが少し足りないので、アダムスを使ってます。

デザイン
本体のボダンは前回の記事の通りシンプルです。一つはおじいちゃん専用なのでボタンの押し間違えがないので便利です。シンプルなのもいいけど高齢者に優しいかなと。こんなことは意図してないと思いますけど(^^;)

操作性
操作画面もシンプルで見やすく、画面に必要な情報が書いてあるのでそれに従えば操作できるといった印象。

機能短所・長所
まだこれから検証していくことにします。

その他
テレビのワイド設定16:9や4:3のテレビごとの設定があるのがびっくりしちゃいました。
説明書の厚さにも驚きました。かなり丁寧にしてあるのかページ数が多いです。私の場合まだ簡単な録画なので直感で操作してます(^^)。とりあえず結論は250GBのHDDで3万円代は安いです。私の場合は2台500GBで6万円代。

VRDやlande-rdについてのレビューは後ほど。

関連リンク
RDシリーズや大画面化液晶を採用したギガビートはShop Toshiba
東芝HDDビデオレコーダーの詳細スペックはRD-H1
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://art88.blog21.fc2.com/tb.php/89-03edcac1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。