ピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク戦争の傷跡

兵士帰還を求めるデモがアメリカのワシントンのホワイトハウスで行われてる。

このイラクからの撤退デモに対しすぐにイラク撤退するのはどうなのかと思う。
確かに、アメリカ軍所属の傷を負った兵士をこれ以上に増やさないようにするのが最善、カトリーナなど国内対応の人員を補充することが先決という考えもあるけど、じゃあイラクはどうなるのか、ぼろぼろになったイラクを紛争や自爆テロが続くような治安のまま放置するのだろうか。自分の尻拭いは自分でやるべきだと思う。ブッシュ大統領なにか対策をするのだろうか。どちらが国益になるのだろうか。アラブの資源、ODAの支出状況をみても明らかにアラブよりなアメリカ。さぁブッシュたんどう動く!?


詳細は引用↓

「兵士帰せ」と大合唱 米首都で15万人デモ


 24日、米ワシントンのホワイトハウス前で行われた反戦デモ(ロイター=共同)
 
 【ワシントン24日共同】ブッシュ米大統領が踏み切ったイラク戦争に反対し、駐留米軍の即時撤退を訴える反戦デモが24日、ワシントンのホワイトハウス周辺で行われ、「推定15万人」(ワシントン・ポスト紙電子版)の参加者が「兵士を故郷に帰せ」と大合唱した。
 2003年3月のイラク開戦以降、首都での反戦デモとしては最大。主催者の米反戦・人権団体で組織する「インターナショナルANSWER連合」が予想した10万人を超える規模に膨れ上がり、米国内での反戦機運の高まりを示した。
 ロンドンでも同日、1万人が参加し、イラクからの英軍撤退を求めるデモが行われた。
 米国のデモには、息子をイラクで失い反戦運動のシンボル的存在となったシンディー・シーハンさんらも合流。シーハンさんが「あと何人の子供を(イラクの戦闘で)犠牲にしたいのか」と訴えると、参加者は「犠牲者を出すな」とシュプレヒコールを繰り返した。
(共同通信) - 9月25日12時38分更新

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://art88.blog21.fc2.com/tb.php/98-09dc6a1b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。